【首に手を回す】女性が首を触る時の心理についてご紹介します

Reasons behind a girl touching her neck. GIRL'S MIND

話をしている時やハグをする時に首に手を回す女性の行動。
そこには何か理由があるんだろうかと思うことは男性なら一度くらいあるはず。
実は状況によって、様々な女性心理が隠されています。
本記事では女性が首に手を回す時の女性心理を状況別にご紹介します。

本記事は下記のようなお悩みをお持ちの方にお勧めです。

illustration-of-man
悩む男性

話をしている時に首を触る女性の心理って何。ハグする時に首に手を回してくる女性の心理って何。

illustration-of-myself
パトリック

本記事を書いている私は、これまで5000人以上に対して恋愛のアドバイスをしてきました。
数多の失敗を重ねた私の経験や有識者の研究を元に恋愛において発生する悩みのあれこれにご回答しています。

結論
女性が首を触る時は、基本的に緊張や不安を感じている時。
デートの最中に見せることもあるが、必ずしも心配する必要はない。

恋愛の悩みをもっと解決したい人は、他の記事もチェック

【首に手を回す】女性が首を触る時の心理についてご紹介します

Reasons behind a girl touching her neck.
女性が首に手を回したり触ったりするのは、基本的に下記3つの理由が原因です。

緊張や不安を感じている
疑いを抱いているもしくは自信がない
落ち着こうとしている
ネガティブさや否定的な性格を表している

緊張や不安を感じている

女性が自分の首を触る時、それは大抵の場合で緊張や不安を感じています。
性別関係なく、緊張や不安を鎮めようとする時に人は首を触る傾向にあるからです。

緊張や不安の度合いが高ければ高いほど、首を触る回数は比例して増加します。

しかし首を触る行為はいつも悪いサインだとは限りません。

特に女性が首を触る時に関しては。

初めてのデートにおいて女性は首を触る頻度が普段よりも増えます。
それはデート相手の男性からどう思われているかを気にしていたり、
男性から素敵な女性として認められたいというような心理が隠されているから。

疑いや自信がない

女性が首の横を掻くようにして触る時は、
あなたの話に対して同意していなかったり、疑っている可能性があります。

耳の下あたりを人差し指や中指で触るような仕草を見た時は、
彼女の表情も一緒に確認するようにしてください。

落ち着こうとしている

鎖骨の間にあるくぼみの部分を軽くタッチするような仕草は、
男性よりも女性によく見られる仕草ですが、
これには緊張をほぐして落ち着きたいという女性心理が隠されています。

極度の緊張や恐れのようなものを感じた時にこのような行動を取ります。
鎖骨間のくぼみを触る行為自体には、緊張をほぐすことを助ける役割があるからです。

ネガティブさや否定的な性格を表している

習慣的に首の後ろを撫でるように触る女性は、
ネガティブ思考であったり、否定的な考え方の持ち主である傾向があります。

ハグする時に首に手を回してくる女性心理を教えます

Reasons behind a girl touching her neck.
女性が自分の首を触る心理については、先ほどご紹介した通りですが、
女性が男性の首を触ることにはどのような理由が隠されているのでしょうか。

ハグを例にここからはお話をしていきますが、
一般的なハグといえばお互いに背中に手を回すような形ですよね。
しかし女性の中には首に手を回す形でハグをしてくる人もいます。

そこには男性にとってプラスな女性心理が隠されています。
女性が首に手を回す形でハグをしてくるのは、親密度が高い時や感情的になっている時。
もし彼女が首に手を回してきたらなら、それは女性があなたに対して高い安心感を感じていると考えてOKです。

あなたに対する愛情の表れでとてもロマンティックな女性らしい好きという感情の表現の方法です。
一方であなたに対する独占欲や支配欲を表す側面もあるので、その点には注意が必要かもしれません。

恋愛の悩みをもっと解決したい人は、他の記事もチェック

首に手を回す行為には様々な女性心理が隠されています

Reasons behind a girl touching her neck.
本記事では女性が自分の首に手を回すケースと
あなたの首に手を回すケースの2つに分けて女性心理をご紹介しました。

首を触るという行為一つとっても、そこには様々な女性心理が隠されており、
その心理状態を瞬時に判断することは簡単ではありません。

しかし見極めることができれば女性とのコミュニケーションは現状よりも必ずよくなるはずです。
忘れた頃にまた読み返して身につけるようにしてください。

本日はここまで。
それではまた次回の記事でお会いしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました