【都会男子】男の質を上げる大人なナイトルーティンお教えします

The night time routine every man should do. LIFE STYLE

毎日仕事が終わってから自宅で過ごす夜。皆さんは何をして過ごしていますか。
仕事帰りにスーパーで買ったお弁当を食べて缶ビール片手にYoutube観ながら寝落ちなんてしてませんか。
質の高い夜を過ごせるかどうかで次の日のパフォーマンスは大きく変わります。
都会の大人男子のナイトルーティンが参考になれば幸いです。

本記事は下記のようなお悩みをお持ちの方にお勧めです。

illustration-of-man
悩む男性

モテる男性って夜家に帰ってから何をしているの。少しでも意味のある夜を過ごしたい。

illustration-of-myself
パトリック

本記事を書いている私は、これまで5000人以上に対して恋愛のアドバイスをしてきました。
数多の失敗を重ねた私の経験や有識者の研究を元に恋愛において発生する悩みのあれこれにご回答しています。

都会男子シリーズ記事はこちらから
恋愛の悩みをもっと解決したい人は、他の記事もチェック

【都会男子】男の質を上げる大人なナイトルーティンお教えします

The night time routine every man should do.
都会男子のナイトルーティンはこんな感じです

帰ったらまず料理
食事が終わったら歯を磨いてから入浴
入浴後はまずスキンケアとドライヤー
寝る準備が整ったら読書
音楽を聴きながらリラックス
就寝

帰ったらまず料理

都会男子のナイトルーティンは料理から始まります。
外食は基本的にはしません。自炊がメイン。

寝る時間から逆算して2-3時間前には夕食を済ませておきたいので、
家に帰ったらすぐに料理に取り掛かります。
ちなみに寝る時間の2-3時間前に食事を済ませるのは、睡眠の質を低下させないため。

外食だと偏ってしまう栄養バランスを夜の自炊で整えて、次の日に備えます。

食事が終わったら歯を磨いてから入浴

食事が終わったら、まずは歯を磨きます。
これ以降は水以外、口にしません。

入浴時は、湯船に浸かると体が芯まで温まり寝つきが良くなるといいます。
ただ個人的にはシャワーを浴びるだけで十分なので、シャワーで済ませてしまいます。

全てが済んだら、最後に5分ほど冷水シャワーを浴びます。
冷水シャワーはメンタルヘルスや睡眠の質の向上、脂肪燃焼効果など様々なプラス効果があるとされていて、
体の調子を整えるうえで効果的です。

入浴後はまずスキンケアとドライヤー

お風呂から上がったらまずは髪をタオルドライで乾かしていきます。
ある程度乾いたらそこからドライヤーで完全に乾かしていきます。
熱が当たる時間をできる限り減らすことは髪質の改善に効果があります。

髪が乾いたら、日替わりでヘアミルクもしくはヘアオイルを使って髪をケア。

ヘアケアが完了したら次はスキンケア。
デート前の準備に関する記事でもご紹介した化粧水と乳液でしっかりと保湿をしていきます。
スキンケアに関しては毎日継続してやるかやらないかの話なので、
少しでも肌質を改善したい人は毎日頑張りましょう。



寝る準備が整ったら読書

お風呂から上がって一通り寝る準備が整ったら、ここからはリラックスタイム。
観たい映画がある時などは映画を観たりもしますが、基本的には本を読んでいます。
ジャンルは様々、小説や自己啓発本、その時々で話題になっているものなど、
あまり自分の好き嫌いに囚われず読むようにしています。

自分の興味のあることだけに特化しないことで、思わぬ気づきを得られることもあり、
何かと役に立つことがあるんです。

音楽を聴きながらリラックス

読書をしてちょっと眠気が襲ってきたなーというタイミングで読書はやめて、ゆっくりと音楽を聴きます。
夜は静かめな音楽を聴くようにしています。
もう寝落ちしそうというくらいにまでリラックスしたら音楽を止めて眠りにつきます。

自宅での一人の時間は静かに過ごすのが都会男子流

The night time routine every man should do.
日中街の騒がしさに身を置くと、いくら慣れていても疲れてしまうもの。
家に帰ってからは誰にも干渉されずゆっくりと過ごしたいものです。
特別なことなんて何もしません。ただゆっくりとリラックス。

美味しいものを食べて、お風呂でリラックスして、あとは寝るだけ。
寝るまでに新しい知識を一つ学んで、音楽に身を委ねてしっかり休みます。
それだけで心が穏やかになり、次の日も楽しめる。
これが都会男子流ナイトルーティン。是非お試しください。

本日はここまで。
それではまた次回の記事でお会いしましょう。

恋愛の悩みをもっと解決したい人は、他の記事もチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました